今日は使用機材について書いてみよう。

フィールドレコーディングは基本的に野外のため風の対策が必要になります。
フィールドレコーディングは小さい音を拾いたいことが多く感度の高いマイクを使うので、その点は通常の楽器録音より気を使わないといけません。
多くの場合はマイクにウインドジャマー(風防)をつけます。
マイクには簡易的なスポンジ型のウインドジャマーが付いていたり、モフモフした細かい毛でできているものが別途売っているのですが、いかんせん高価であるため自作する人が多いです。
ネット上でも自作した人がその製作工程をブログや動画にアップしているので、
今回僕も新しく買った小型のマイク用にウインドジャマーを作りここに残しておくことにしました。

最近購入したZOOM iQ5というiPhone用のステレオコンデンサーマイク。
なかなか感度がよく使いやすいのですがウインドジャマーが別売りでもないため自作するするしかないのです。

新宿岡田屋でファイクファーの布を購入(いくつか作るためたっぷり目に30cm。1000円でした)。
ゴムは100均で。

いかがでしょうか?パンキッシュでしょうか。

次は東京大阪徒歩の旅でなくしてしまったAT822というマイクのウインドジャマーを作る予定です。

ZOOM iQ5 自作ウインドジャマー

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on Tumblr