○月×日
20代も終わる頃、(持病なので予想はしていたものの)いよいよ手が動きにくくなり、
バンドやライブサポートにも支障が出てきたので徐々にフェードアウトしていく中、悩むこと数年。
録音はともかく、ライブでの演奏はあきらかに難しくなってきた自分の体とどう付き合っていくか。
どう、表現していくか。
ふと
「もう、いっそ旅に出たい」
と、思ったんです。二日前に。
日本一周。
考えてみれば僕はほとんどの都道府県を体感していない。
地図で見たらすごく小さい。これならなんとかなりそうだ。
金はないが時間はあるし。

でも、ただ単に旅にでるじゃあ、自分探しの日本一周の旅になる。それも素敵なことだが、今回はそうではなく、それも込みでなにかしら、ん~、自分の中の旅のルールを持たねばと。

考えた末、47都道府県で人、町、自然の音を録音して曲を作り、最終的にそれを作品にしよう。それから煮詰まっているアルバム作りのことは考えよう。まずは体を動かすところから。と。

「旅」と「録音」、僕の好きな2つを組み合わせた企画。
略して旅音(TabiOn)。

思い立ったが吉日と言うことで、まずはサンプルを作ってみるために近所の音を採取。

鯉屋さんの空気ポンプと水の音。
電車に乗ってた赤ちゃんの声。
定食屋の皿の音。
駅に鳴り響くベルの音。

そして、僕の足音。

これは大きな発見でした。
足音や移動機関の音はもう、凄腕のドラマーに引けをとらないリズム隊、そこここにある音はすべてメロディーになるじゃないですか。
音楽は世界、世界は音楽!

と、いうことでもうすぐ出発します。
北から南への予定です。
もし、
「ここの海岸の音は最高だ」
「この工場の音はブレイクビーツだ」
「あそこの山には素敵な声の鳥が住んでるよ」
「やはり日本海からの風の音は渋いぜ」
という情報や
「うちの近所の音を使って欲しい」
というご要望があればご連絡下さい。

思いつきの旅のため100%借金でスタートします。(ま、なんとかなるさ)旅行ではないので、観光地や特産物を楽しむ余裕はないですが、おすすめのスポットや1000円以内であじわえる美味しいものなんかがあれば教えてください。安い宿や宿泊できる施設などの情報もお待ちしています。

旅のルールは47都道府県で音を集めないと家に帰ってはいけない。これのみ。
作品のルールはシンセや楽器を一切使わず、その土地土地で採取した音、そこでの僕の足音や呼吸音のみを使用。
(これ、旅中に少し訂正。その土地土地の祭りや民謡などで楽器が使われることがあるのでそれはよしとします。ただし、あくまでその土地で採取した音のみです。)
採取した音のみでもいいと最初思ったんですが、僕が感じたものを再構築、つまり土地の素材を料理してだす方が作品としては面白いと思うのでこのようなルールにしました。
(細かいことを言うと、あまりに極度な波形編集も自粛します。一つの音を加工すればギターやピアノのような音も作れちゃうので。そういうのは作品が完成した場合リミックスとして他者に依頼したり自分で行うようにします)

明日からは、機材についてお話ししたいと思います。

では、最後に僕の近所の旅音をお聴き下さい。素材は上記の通りです。
(曲の構成、雰囲気は今後の体験によって変化すると思われますので、サンプル程度に)

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on Tumblr