主な音>
青森の朝
大釈迦駅
寺を探す
大釈迦駅の女子高生の瞳は青かった
弘前
弘前は今日は雨だった(実は台風)
弘前公園
城を登る
蓮から恐怖
快速リゾートしらかみ
津軽三味線ライブ
十二湖
青池は本当に青い
バスの運転手さん僕一人を乗せて解説
死にたくない人々
不老ふ死温泉
ウェスパ椿山のカブトムシ

早朝、青森駅に着く。八戸か弘前、どちらに行くかコインで決め、弘前に。途中、大釈迦(無人駅)なる駅を発見。名前に惹かれて途中下車。そらもうでかい仏像のある寺を期待し探す。が、見つからないので、電車を待っていた女子高生に「大きい仏像とかがあるお寺があるの?大釈迦だけに」と。驚いた風だったが、丘の上に寺があるらしいのでそこに向かってみるも電車の時間の関係で門前まで行き引き返し弘前に。弘前に着くと雨で、のちにそれは台風だと知る。弘前城にて午後から台風が来るからはやいとこ見た方が良いよ言われ急ぎ足で園内をまわり、植物園の大きな蓮に囲まれた時ちょっとした怖さを感じ、駅前のビルのヴィレッジバンガードで探していた小池桂一のヘブンズドアを発見し購入し、ホテルに。翌日、十二湖に向かうことにし、快速リゾートしらかみに乗る。ボックスシートに乗り合わせた小田原の青年と新潟のおじさんといろいろ話す。途中、車内で津軽三味線のライブがありテンションアップ、満喫。十二湖にはエメラルドグリーンの青池があるというので、向かう、歩く、遠い。青池は本当に青かった。帰りはバスで。客僕一人。バスの運転手さん歩いている人が少ないのは最近子熊がでたからだそうな。子供がいるなら親もいると言うことです。不老ふ死温泉が数駅前にあると知り、向かう。温泉には死にたくない人たちがたくさん集まっていた。日本海にめんした露天風呂。受付が間に合わず露天は無理だったので内風呂に。めでたく不老ふ死になる。最寄り駅ウェスパ椿山の巨大なカブトムシに見送られながら秋田に。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on Tumblr