4日目。(2013年2月19日)
昨日のウォーキングで腰にできたマメ。水がたまり痛いのでガーゼを貼ってみることに。
直接服にあたらないので少しマシなような。
しかし、これが最悪の結果を導き出すことになる
2013-02-19 03-46-53

天気予報ではやはり雨。夕方にはミゾレまじりの雪になるとも。
2013-02-19 03-28-45

3時。
ネットで情報を探すが「箱根湯本 三島 徒歩」っても部分的にバスを使ってたりするのであまり参考にならず。

4時。
すでに雨は降っているがとにかく出発する。
2013-02-19 04-35-36

5時27分。
公衆トイレ発見。トイレは発見したら使う。それが基本。
2013-02-19 05-24-36

七曲りとな。
2013-02-19 06-13-01

GoogleMap先生だとこんな感じ。
ちなみに先生は時速5〜6キロで計算してる。
ここまでの道のりでおおよそわかっているが実際のスピードは平均時速3キロほどだ。
つまり、はじきだされる時間の2倍はかかるということ。
あと、はじき出される距離よりも実際歩く距離は数キロは多くなる。
だいたいわかってきたぞ、先生。
2013-02-19 06-16-38

 橿の木の

 さかをこゆれば

 くるしくて

 どんぐりほどの

 涙こぼる

分かるよ。うん、分かる。
実感として分かる。
心じゃなく体が理解してる

2013-02-19 06-29-15

元箱根。船いいなあ。
2013-02-19 08-35-11

それにしてもビショビショで寒い。
寒いからコンビニに行くとOL3人組に、ドブネズミを見るような目で見られる。
脳内でアフリカかどこかの成人の儀式の紐がゆるゆるのバンジージャンプを3人させる。
どうだ、泥だらけだろ!

芦ノ湖。もやっていてもふつくしい。
2013-02-19 09-28-54

9時47分。
下りになると店がなくなると聞いていたので休憩。
なめこうどん。あれ、雪降ってる?
2013-02-19 09-47-31

って、ソッコーで積もってるやん!
2013-02-19 10-20-10

映像のほうが分かりやすいでしょうからどうぞ。
YouTube Preview Image

道もドロドロビッショビショ。
2013-02-19 11-11-22

結構、降る、なあ。
2013-02-19 10-44-17

下り。
降ったばかりの雪はソフト・アンド・ウエット。足の裏の摩擦がなくなる感覚。
滑らないように気を使ったりでものすごく長く感じた。
何気に静岡県入り。
2013-02-19 12-25-00

三島は3回来たことがあるが晴れにあたったためしがない。
2013-02-19 16-31-00

この配色好き。
2013-02-19 15-05-25

いつものように弁当と納豆。寒いのでお味噌汁も。
2013-02-19 16-57-33

そして、問題の腰の水ぶくれだがガーゼをはがすと皮まで持っていかれてしまい、悲惨な状態に。
どうも、ガーゼを当てるのは間違った対処法だったらしい。
患部、そしてこすれる場所にワセリンを塗るといいとアドバイスを受けたので購入。
翌日より腰と足ヌルヌル状態で歩くこととなる。
2013-02-19 19-49-30

それにしても、そこまで言わなくても。
どうも、この宿。。。
2013-02-19 15-37-43
4日目のデータ

箱根湯本〜三島

歩いた距離 28.1km
歩数 45060歩
平均速度 2.8km/h
時間 10時間55分
東京〜大阪(太陽の塔)東海道16日間徒歩の旅 4日目 箱根湯本〜三島

高度データ
高度データ

経費
ホットなココア:157円

なめこうどん:500円

ワセリン:326円

納豆:88円
あさげ:126円
弁当:398円

翌日の朝御飯
ミニッツメイド朝バナナ:198円

合計:1793円


Meets Regional (ミーツ リージョナル) 2013年 05月号の太陽大感謝祭の記事のところに僕も少し載っています(集合写真の左上と個別紹介で)。説明文まで書いてもらって。この徒歩旅で思いがけずステキな雑誌に載ることが出来ました。東京から大阪まで16日間歩いたプレゼントかもですね。関西の人よかったらチェックしてください。他地域でも大きな本屋さんとかだとあると思います。

Meets Regional (ミーツ リージョナル) 2013年 05月号 [雑誌]

  • 出版社:京阪神エルマガジン社( 2013-04-01 )
  • 雑誌: ページ

今回の旅で使用したGPSアプリ(iPhone)です。地図や高度データもこれで作成しています。

GPS-Trk 2 App

カテゴリ: ナビゲーション


コメントなどはこちらにいただけると嬉しいです。

Twitter
http://twitter.com/tabion

Facebookページ(「いいね」してくれると嬉しい!)
https://www.facebook.com/tabion.jp

にて。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on Tumblr